セルフケアで事前防止を!腰痛の対処法を考える

腰痛とは何か、その基礎知識

重いものを持った時、座った状態から立ち上がろうとした時、起床時、腰痛はいろんなシチュエーションで起こりうる病気です。日常生活上のほぼあらゆる動作において腰椎と椎間板には負担がかかっており、加えて、激しい肉体労働、喫煙、肥満、疲労、ストレスといった要因が腰にさらなる負担をかけることとなります。突然やってくる腰痛の症状。その病気の概要をしっかりと知る事でどのように対処していけばいいのか考えていきましょう。

原因が特定できない場合も!?腰痛の症状

腰痛には、椎間板ヘルニアなどのように、原因がはっきり特定できる「特異的腰痛」、ぎっくり腰などのように、神経症状や重い基礎疾患がなく、病院で画像検査をしても痛みの原因が特定できない「非特異的腰痛」があります。割合としては「非特異的腰痛」が圧倒的に多く、全体の85%を占めます。「特異的腰痛」に関しては神経を圧迫する病気だけでなく、腰の周りが痛みを伴っていることで内臓の病気等、他の様々な疾患の原因となっている場合もあるので注意が必要です。

腰痛の対処法。少しでも痛みを和らげるために

「特異性腰痛」と診断されれば医療機関の受診が必要となってきますが、「非特異性腰痛」に関しては必ずしも受診の必要はなく、普段のセルフケアをこころがければ予防が可能な場合もあります。姿勢を正しくする、普段の仕事で腰に負担のかかる動作を軽減する、気分転換に運動やストレッチをする、食生活の見直しやストレスの解消といった生活習慣の改善をする、以上のような「ケア」を行うことで痛みを軽減できる可能性は高くなります。ある日突然起こる腰痛という症状、しかし冷静なケアをこころがけるようにすればそれが治癒への第一歩ともなりうるのです。

むちうちの治療を正しくする必要性は今後の生活に影響が出ないようにするためで、自分に適した治療方法を探す必要があります。