気軽に美しくなれる!?美容整形のあれこれ

美容整形の手術の種類

美容整形の手術にはいろいろなものがあります。物理的に切開を行って美容を向上させる方法やヒアルロン酸注入や脂肪注入などを行う方法もあります。これらの手術では恒久的に効果を持続させられるものもあれば、数年で元の形に戻るものもあります。近年では部分痩せなどの美容整形などもあるのでダイエットなどでも活用が可能になっています。自由診療ではありますが格安で治療をしてくれる場所も多くなっており、以前よりも気軽に手術ができます。

美容整形をする前に必要な事

美容整形を行う際には例外なく医師とカウンセリングをすることになります。その際にどの部分をどのように改善したいのかある程度考えをまとめておく事でカウンセリングもスムーズに進みます。最近では手術後のイメージをコンピュータによってシミュレーションできる様になっていますから、手術後にどのような姿になるのかを事前に把握できます。カウンセリングが終われば整形手術に向けて医師やスタッフが準備をすすめてくれます。

美容整形を行ったあとのケアは

美容整形の手術を無事終えた場合に入院が必要な場合とそうでない場合があります、近年ではほとんどの美容整形が日帰りでできるので手術後に帰宅が可能です。日帰りの場合でも経過観察は必要になりますから医師に指示されたとおりに通院するようにしましょう。また術後の生活について気をつける点については手術後に医師から指示がされますので守るようにしましょう。術後に痛みがある手術の場合には頓服薬として痛み止めの処方がされることもあります。

処女膜の再生は専門のクリニックで手術をすることが可能で入院も不要なので気持ちなどを切り替えたい場合には受けるのも良いでしょう。

恐ろしい性病3選!どんな原因症状治療法があるの?

名前は聞くけど梅毒とは何?

治療薬であるペニシリンが開発されるまで梅毒は恐ろしい性病で不治の病とも言われ多くの娼婦が命を落としました。治療法が確立された現在は早期発見早期治療で完治が可能で、病原菌はポレマトーマで皮膚や粘膜の傷などから血液に侵入し全身に広がり、キスなどあらゆる性行為で感染します。初期に小豆大の痛みのないシコリと太腿のリンパの腫れが発現し、進行すると小豆大の赤茶色のブツブツ・脱毛症状になり、悪化すると重篤な脳や血管障害を発症します。

男性に多い性病と言えば淋病!

女性は感染しても無症状が多く男性に感染を拡大させる原因になり得ます。病原菌は淋菌となり全ての性行為で感染し風俗などのフェラチオなどオーラルセックスなどの場合に喉に菌がいれば性器に感染する可能性が高く、男性は尿道炎に罹患し尿路感染すると膿と排尿痛が激しくて非常に辛い症状が長引きます。女性はオリモノが増えたりするケースもありますが無症状が多くても卵管炎など不妊症の原因になりますので必ずパートナーも一緒に治療するべき性病になります。

日本で最も多い性病と言えばクラミジア

感染者は自覚症状の無い者も含めると100万人以上と言われており、症状が軽く自覚しにくいので感染拡大を引き起こし易い性病です。全ての性行為で感染し、性体験のある高校生の女子では約13%・男子では約6%と若年層に多い性病です。男性は軽い排尿痛や痒み・不快感・軽い発熱が発現し、女性では不正出血・オリモノの増加などで喉への感染では咽頭炎・扁桃炎など性病と判別しにくい症状が現れます。女性にとって不妊症の原因になる可能性もあるので早期治療が必要です。

性病とは性行為を行う事によって引き起こる病気です。主に男性の精液、女性の愛液に含まれており、これらを回避する為にはコンドームを使うことによりお互いの液に触れ合う事無く性行為を行うのが大切です。

ママには難題?!子供の包茎・・・いつまでに剥ければ大丈夫?

基本的には無理に剥かなくて大丈夫!

男の子を出産したママさんなら、産院での沐浴指導の時に「皮を剥けるところまで剥いて洗ってあげてください」と言われたこともあるでしょう。剥いて洗えと言われても、小さな赤ちゃん相手に力の加減も分からずに困ってしまいますよね。無理に剥いて皮膚を傷付けてしまい、雑菌が入ってしまっては大変です。赤ちゃんのうちは包茎が当たり前なので、無理に剥いて洗う必要はありません。ほんの少しだけ包皮をお腹側に動かして、先っぽを優しくお湯で流すようにしましょう。

小学生なら直径5ミリ程度の穴があれば大丈夫!

一緒にお風呂に入って洗ってあげられるのも小学生までというご家庭も多いでしょう。低学年の時に包皮をお腹側に動かして、尿の出口が直径5ミリ程度あれば亀頭が出なくても心配はないとされています。包皮の中に恥垢が溜まってしまうと心配してしまいますが、この恥垢が包皮と亀頭を分離させる役目を果たしていることもあるようです。特に痒がったり炎症を起こして痛がることが無い限りは、無理に剥く必要はないでしょう。何度も炎症を起こしてしまう場合は亀頭と包皮が癒着してしまい、将来剥けなくなる場合もあるので病院で相談した方が安心です。お子さんが自分で洗うようになったら「剥けるところまで剥いて洗うように」とアドバイスすれば、自分の加減で少しずつ剥いて洗うようになります。

高校生でも真性なら治療も視野に入れよう

ほとんどの場合は中高生で自然に剥けることが多いですが、高校卒業まで真性包茎だった場合は自然に剥けることが期待できなくなります。とはいえ、たとえ我が子でも年頃の男の子に聞ける内容ではないですよね。真性包茎の場合、排尿の際に包皮が風船のように膨らんで一時的に包皮内に尿が溜まります。ちゃんと尿を切ったつもりでも包皮内の尿は少しずつ出てきて、下着を汚すことがあります。年頃になったら淡い色の下着を用意して汚れをチェックすることで、真性包茎かどうか知ることができます。また、同じ男性で人生の先輩としてパパに話をしてもらうといいでしょう。多感な時期に悩みを抱えているようであれば、治療も視野に入れることが大切です。

包茎状態を解消するための手術は10万円~20万円程度で受けられますが、保険が適用されない事が多いので事前にカウンセリングを入念に行っておく必要があります。