室内空間での新たなLED照明の楽しみ方!スマホアプリも登場!!

カスタマイズできる楽しみ

ハウスメーカーの新築物件などにLED照明が採用されるケースが年々増加しています。中でも照明演出に思考をこらしたものも登場しておりLEDの新たな楽しみ方ができるようになってきています。ワイヤレスのLED照明では専用のアプリケーションをスマートフォンやタブレットにダウンロードすることで、1600万色を超える色彩を自在に操作できるようになっていて、さらに誰もが自由にアプリケーションの開発をおこなえるので、それぞれの発想でLED照明の楽しみ方を広げることができるのですよ。メーカー側から押し付けられるのでなく自分に合ったLED照明をカスタマイズしてみましょう。

調光に調質も自動でおこなえる

メーカー側のアプリケーションに加え、ユーザーが開発したアプリによって、例えばくつろぎモードややる気を出すモード、集中モードや本を読むモードなど生活を様々なシーンにあわせて自分にとって最適な明るさをあらかじめ設定しておけるので、様々な明るさを瞬時に再現できるでしょう。実は照明に使われている青色LEDは夜には向かないもので、夜更かしの原因になっているともいわれているので、外の明るさを感知して就寝時にはリラックス効を得やすい電球色、起床時には覚醒効果を得やすい昼白色で調光、調質できるようにしておけば、快眠をてにいれることができるでしょう。

より生活を快適にするために

調光、調質以外にも、自宅から離れた場所からスマホで自宅のLED照明を操作できる商品も増えています。自宅に人がいるように見せかけることもできるので、防犯効果もありますよ。また、専用器具を使用すればWi-Fiにつながるようなものも登場しており、数十個のランプを自在に操作できるようになっています。LED照明というと省エネ、長持ちといった点がクローズアップされてきましたが、インテリアとして居心地のいい空間を提供しより便利で楽しいものになろうと進化しているのです。

LEDライトパネルは店舗の商品からサービスまでPRしてみたいものを何でも掲示できますから様々な目的に使えます。

有名人になりたい!なるまえに準備しておきたいもの3選

有名になった時に呼ばれる名前

有名人になることによって脚光を浴びながら生きていきたいと思い描く人も多いでしょう。実際に有名人になると世の中の誰もにその名を呼ばれるようになりますが、それによって不快感を感じるようになってはなりません。誰もが芸名などを使用するのは本名を呼び捨てにされたりしたくないという気持ちがあるからです。有名になってしまう前に、自分が有名になった時に呼ばれる名前を考えてその名前で活動をしていくということは大切です。

迫られた時に咄嗟に書けるサイン

テレビ番組に出演依頼が来るような有名人となった際にはファンが登場するのがつきものです。熱烈なファンが有名人に求めるものといったらサインであり、色紙を手渡されて自分の名前を楷書で書いていたのでは笑われてしまうでしょう。咄嗟の場面でもスラスラと書けるようなオリジナルのサインを準備しておくとそういった場面で役立ちます。ファンからも何度もサインをねだられているんだろうという気を持ってもらえるようになり、より有名人としての株が上がるはずです。

有名人としての引き際

有名であるということによって様々な仕事がもらえるようになりますが、流行り廃りはあるものであるということを認識しておくことが大切です。これから人気が出てきても、いつかはその引き際を考えなければなりません。忙しい日々を送っているとそのタイミングを見誤ってしまうことがあります。有名人としての引き際は有名になって忙殺されてしまう前に考えておくことが大切であり、考えた引き際を参考にして一般的な生活に戻るタイミングを図るとよいでしょう。

山本英俊は、名城大学を中退したにも関わらず億万長者になった実業家です。パチンコ関連会社の会長で、妻は東京ホースレーシングの社長、娘はタレントやモデルです。職業が華やかな一家ですね。

もっと近くで見たい!有名人を生で見る方法

スタジオやイベントなどで見るだけでは不満という人も

タレントや俳優、スポーツ選手など、あこがれの有名人を、テレビや雑誌で見かけると、くぎ付けになる、といった経験はよくあることではないでしょうか。しかし、こうしたメディアを通じてではなく、実際に自分の目で有名人を見たい、という願望は誰にでもあるものですよね。スタジオ収録やコンサートなどの観覧、各種ファン交流イベントへの参加、試合の観戦などの機会はあります。しかしより近くで、生の有名人を見たいということもあるものです。

入り待ち・出待ちで有名人に会う!

もっと近くで有名人に会う方法の一つに、入り待ち、出待ちがあります。これは、有名人が収録や公演、練習や試合などのために、スタジオやコンサート会場、競技場などに出入りするところを待ち構えることです。一般的には、施設の出入り口で、お目当ての有名人が通るのを待つことになります。見るだけでなく、激励や応援の声をかけたりすることもでき、自分の気持ちをより伝えやすいのが、この方法のいい点の一つと言えるでしょう。

ロケで有名人を見られることも

有名人はスタジオで収録するだけでなく、屋外でロケをすることもあります。こうしたロケも、有名人に会える貴重なチャンスです。ロケ情報は事前に知らされる場合もありますが、混乱を避けるために秘密扱いになっていることもあります。最近では、SNSの普及などにより、情報が拡散しやすくなり、ロケ情報も入手しやすくなりました。ですので、近くで行われていることを知り、すぐ駆けつける、といったことも可能です。自分の好きな有名人が関わるロケ情報を常に注視しておく、ということも大切ですね。いずれにしても、有名人やスタッフ、周辺住民などには絶対に迷惑がかからないように、節度を守って行動したいものです。

フィールズの代表取締役である山本英俊ですが、実は馬主としても有名で実際にレースで所有する馬が優勝しています。