収納に活かそう!効果的なフックの使い方はコレ!

大事なのは「使う場所」と「フックのタイプ」

粘着タイプやピンタイプ、ねじタイプなど、いろいろな種類のフックがありますが、いろんな収納家具と一緒に使うことで、今よりも数段、便利な収納にすることができます。「使う場所」と「フックのタイプ」を使い分ければ、誰にでも簡単にできる、フック収納。フックも100円ショップやホームセンターなどで購入できるので、費用もさほどかかりません。また、ピンタイプなど、外した後が目立たないものを使えば、賃貸のお部屋でも設置可能です。機能的で、美しい収納を目指して、取り組んでみましょう。

クローゼットの活かすべき場所はココ!

お部屋の収納の中で一番大きなものといえば、やはり、クローゼットではないでしょうか。クローゼットは大きな収納空間ですが、意外と使っていない部分があるんです。それは両サイドの壁の部分。フック収納はここを活かします。サイドの壁の手前の方に、フックを付け、例えば、ちょっと大ぶりのロングネックレス等などを掛けます。もともと収納しにくいアイテムですし、ほこりも付きにくいので一石二鳥です。また、上段のサイドに余裕があれば、帽子なども引っ掛けて収納することもできます。コツは、フックを使う場所を手前の方だけにすること。奥の方に設置してしまうと、取る時が大変です。

玄関をスッキリさせるためには、ココを使おう!

クローゼットの次に大きな収納といえば、玄関収納ですね。開き戸タイプの下駄箱を使っている方がほとんどだと思いますが、ここにも使えるポイントがあるんです。それは、開き戸の裏側。靴とドアの間に数センチですが、すき間がありますよね。ここにフックを使って、いろいろなものが収納できます。すき間や高さがどれくらいあるかによって変わってきますが、折り畳み傘、靴べら、洋服ブラシなど、お出かけの際に必要なもの。子どもさんのいる家庭では、なわとびなども掛けることができます。玄関は家の顔ですから、スッキリさせたいもの。ぜひ、このテクニックを利用して、キレイな玄関を保ってくださいね。

フックを活用する事によって生活を便利にする事が出来ます。物を引っ掛ける、固定するなどを様々な使い方をする事が出来ます。