知っておきたいうつ病の3つの代表的な治療法

うつ病治療の中心は薬物療法

うつ病になって、医療機関で治療をする場合、ほとんどの場合、抗うつ薬を処方されることが多いです。また、不眠状態がある場合は、睡眠薬、不安薬がある場合は抗不安薬などが抗うつ薬と一緒に処方されます。これらの薬を組み合わせて服用することによって、少しずつ気分を落ち着かせていきます。うつ病の症状が重い場合は、自分の気持ちをどうにかしようと思っても、なかなかそこから抜け出すことはできません。ですから、薬の力を借りて、気分を穏やかにすることがまず重要になってきます。

うつ病の心理療法とは

うつ病の治療の中心は薬による治療ですが、その他にも心理的な部分にスポットを当てた心理療法というものがあります。心理療法は、うつ病だけの治療に用いられるわけではなく、あらゆることに用いられます。心理療法の大きな目的は、考え方のクセを直すということです。人間には、外部の情報に対して、どのように評価するかといった認知機能が備わっていますが、うつ病の人はこの機能に偏りがある場合があります。例えば、他の人から見れば、裕福であっても、本人は貧乏でどうしようもないと悲観的にとらえている場合があります。このようなネガティブな考え方に支配されていると、いくら薬物療法を行っても、うつ病が改善しない場合があります。心理療法をすれば、すぐにこういった考え方のクセが改善されるわけではありませんが、ある程度の期間行うことによって、少しずつ考え方の偏りを修正することができます。

重度のうつ病の治療には電気けいれん療法

うつ病といっても、軽度のうつ病から重度のうつ病まであります。軽度の場合は、ゆっくりと静養をして、薬を服用していれば、自然と回復する場合があります。しかし、重度のうつ病の場合は、薬物療法を行っても、改善が見込まれないことがあります。また、ほとんど活動性がなくなってしまいますから、生活にも障害となってきます。そこで、このような重度のうつ病の治療には電気けいれん治療という治療法があります。電気けいれんというと恐ろしいイメージがあるかもしれませんが、最近は痛みもなく安全に行うことができる治療法の一つです。電気けいれん療法を行うと、脳に電気信号を与えることによって、神経細胞を活性化することができるので、重度のうつ病の人の改善に効果的であるといわれています。

自分がうつ病であるのではないかと心配をする人もいるでしょう。そのようなときにはうつ病チェックをするとはっきりとわかるので利用をしましょう。